カードローンのメリットとデメリット

自分の収入の範囲内で生活するということは、わたしたちにとって当たり前のことです。しかし、急な出費が求められてやむなくクレジットカードで支払いを済ませるということも、さほど珍しいことではないでしょう。

M3Qに関するお役立ちコンテンツ満載です。

とはいえ、クレジットカードが身近なものであるといっても、基本的に借金であることに変わりはありません。

にもかかわらず、常態的にカード払いを利用してリボ払いの返済を続けている多くの人は、毎月の返済額にどれだけの利息が含まれているのかについては無頓着な場合が多いと言われています。

クレジットカードの運営主体は、クレジット会社や信販会社などのいわゆる貸金業者であり、その金利については貸金業法によって定められています。それで多くの場合、貸金業法の定める限度の上限の利息が適用されています。

カードローンに興味ある方、必見です。

実際に自分のカードの明細をよく見てみると、意外に利息が高かったことに気付く場合も少なくありません。

そのような方にお勧めなのが、各種銀行が運営主体となっているカードローンです。


これは銀行の看板のもとに提供されているものですから、申し込みの際の審査は比較的厳しいかもしれませんが、普通に就職して定収入がある方なら問題となることはありません。

銀行系のカードローンの場合は、貸金業法の制限を受けないため、融資枠は多めに設定されますし、利息も低めに設定されています。

それで、少しでも借金の利息を低く抑えたいという場合は、カードローンの利用を検討されることをお勧めいたします。



一方、デメリットについてはどうでしょうか。
最大で数百万の融資枠が得られて利息も安いカードローンを契約すると、自制を働かせないならばどんどん借り入れ額が嵩んでしまい、延々と毎月返済を続ける借金人生に突入してしまいかねないということです。
それで、メリットの多いカードローンですが、自制を働かせつつ良い計画のもとに活用することをお勧めします。